ミュゼで予約が取れない時にこうしたら取れた!

予約が取れないときに効果絶大のセリフがあった

一昔前はミュゼや銀座カラーなどの有名脱毛サロンは予約が取れないのが当たり前でした。しかし、2016年夏から簡単に予約が取れるようになる裏技が登場しました。それが「最初の説明と違うんですけど」とはっきり伝えることです。なぜこのセリフが今年に入って効果を出し始めたのか。実は全身脱毛で有名だったエタラビが営業停止命令を出されてしまったんです。その理由の中のひとつに「入会時の説明では毎月予約が取れると聞いていたが、実際には2ヶ月3ヶ月と予約が取れなかった」という項目がありました。この事が原因で、全国の脱毛サロンでは「当初の説明と違う」と申し出があった場合は真摯に対応することを本部から言い渡されています。なので、上記のセリフが絶大な効果を発揮するというわけです。

ミュゼで取れない予約をねじこむ裏ワザがあった

ミュゼで予約が取れない時に予約が取れる確率を上げるコツや裏技を紹介しましょう。まず、予約を確実に取るための一番手軽な方法が『当日予約を行う』です。数か月先でも予約がとれないのに当日の予約なんて絶対ムリ!と思うでしょうが、実はミュゼは予約の当日キャンセルが多いんです。予約のキャンセル料が無料ですから、みんな予約だけ入れておいて、気軽に当日キャンセルしてしまうんです。逆にこれを利用する裏技です。当日予約は公式会員サイトから行えますよ。当日予約を取りやすくするコツは、1日に何度かかけてみることです。特に午後になってやっぱり行くの止めたいう人が居るので、午後には一度連絡してみましょう。

ミュゼの公式会員サイト(当日予約はこちらから)
https://musee-pla.com/member/login.php

予約は計画的に入れないと取れない→効率的な入れ方とは

次に使える方法が、予約を取るときに次の予約だけでなく、次の次の予約まで取ってしまうということです。その日に予定があるかもしれない、と思っても大丈夫です。上の裏技で書いたように、ミュゼはキャンセルが無料で簡単ですからwそれから、旅行やおでかけ先で施術を行うという離れ業もあります。ミュゼは会員になれば、どの店舗でも施術が可能!例えば沖縄旅行のついでに那覇店で脱毛したよ!というツワモノもいました。(私ならその時間があれば旅行を楽しみたいんですがw)

ミュゼにも予約が取りやすい日、店舗がある

あとこれは裏ワザではないのですが、平日の予約や郊外のお店は比較的予約が取りやすくなっていますので活用しましょう。また、インターネットを使った予約はPCだけでなくて携帯からも行えますので、例えば電車での移動中や仕事の休憩中にもインターネットを使うのも予約を取るコツです。最後に裏ワザというより脱毛のコツですが、ミュゼ以外の脱毛サロン(RINRINや脱毛ラボなど)と掛け持ちして通うという手もあります。例えばエピレとレイビスとミュゼをかけもちしてほぼ毎月脱毛していた友人がいますが、たった1年でほとんど永久脱毛レベル(産毛もほとんど生えてこない)まで脱毛が完了していました。脱毛サロンで毎月脱毛したいというと、毛周期があるからしばらく間を置かないと意味が無い、とよく聞きますね。これは半分本当で、わきの下の毛周期は4か月と言われています。しかし、実際に表面に出ている毛というのは全体の3分の1なのです。ですから、4か月の間に3回脱毛したほうが、永久脱毛状態に近づけるというわけですね。このとき、月額会員費の安いサロンや、割引キャンペーンをやっているサロンを複数選ぶのが短時間で複数予約を取るコツです。

もしミュゼ以外の脱毛サロンを探しているなら、さっき言ったレイビスやエピレも含めて、インターネット限定のお得なプランはいろいろとあるので、掛け持ちして全身脱毛目指しちゃいましょう!

[PR]色々な割引キャンペーンを利用してほぼ無料で全身脱毛に成功しました! 銀座カラー 脱毛キャンペーン エステ 東京 【全身脱毛月額プラン】1ヶ月無料 【期間限定キャンペーン】 キャンペーンバナー Vitule(ヴィトゥレ) 脱毛サロンRiNRiN エピレ 両ワキ+Vライン 脱毛体験無料 終わりのある脱毛【Vライン訴求】 ミュゼプラチナム