埋没毛(まいぼつもう)の処理の仕方まとめ

無駄毛を処理するときにカミソリやシェーバーを使わず、毛抜きなどで抜いてしまうと埋没毛(まいぼつもう)という状態になることがあります。ある日突然、皮膚の下に毛が埋まっているのを見て「なにこれ!?」と思ったのを今でも覚えていますw

この埋没毛はその名前の通り、毛全体が皮膚の下に埋まったまま毛穴がふさがってしまった状態です。最初は私もそのままにしていて、そのうちまた生えてくるんだろうと考えていたんですが、実は非常に厄介なやつなのです。その特徴はこんな感じ。

【目立つ】
肌の白いひとはもちろん、自黒の人でも目立ちます。
皮膚もこんもり盛り上がってて、沢山あると「ん?鳥肌?」といった感じです。

【抜けない】
毛穴がふさがっているので、なかなか生えてきません。
自己処理で切開する人もいるのですが、炎症を起こしたり、シミになります

【消えない】
毛根ですから、長時間放置することで、皮下に吸収されるのですが
その際に毛の成分がきちんと吸収されず、色素が沈着してしまう可能性があります。

気になる埋没毛の処理ですが、実は一度できてしまうと切開して抜くしかありません。皮膚科に行っても同じように処理されてしまいます(殺菌したメスですので、炎症のリスクが多少は抑えられますが)。できてしまったら損しかない。それがこいつなのです。

なので、できないように予防するというのが最も効果的な対抗策になります。そのためには、普段から自己処理などでも毛は抜かずにシェーバーで処理するか、脱毛サロンにお願いする。ブラジリアンワックスではなくて除毛クリームを使う。など毛根が残ってしまうような脱毛方法を避けるようにします。

また、どんな手段を使った場合でも脱毛前後は清潔にしきちんと保湿するなど、ケアを怠らないようにしましょう。

[PR]色々な割引キャンペーンを利用してほぼ無料で全身脱毛に成功しました! 銀座カラー 脱毛キャンペーン エステ 東京 【全身脱毛月額プラン】1ヶ月無料 【期間限定キャンペーン】 キャンペーンバナー Vitule(ヴィトゥレ) 脱毛サロンRiNRiN エピレ 両ワキ+Vライン 脱毛体験無料 終わりのある脱毛【Vライン訴求】 ミュゼプラチナム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です